✒︎プレゼントはこちら

【深夜徘徊】夜を駆けてわかった、本当にほしかった自由なライフスタイルとは?

こんにちは、ぽっきーです。


20歳でパソコン1台でWeb起業し、
趣味の平日深夜徘徊を好きなだけ
楽しめるライフスタイルを送ってます。


今は東京にいて、
ホテルから東大赤門まで歩いていこう
ってノリで歩きながら書いてます。


最近は東京にいるので、
色んな駅地下のホテルを起点に
夜の街を駆けてます。


特におすすめは、
墨田区の浅草です。


僕の好きなアニメでる、
「さらざんまい」「リコリス・リコイル」
の聖地となっていて、


よくワイヤレスイヤホンをつけて、
聞きながら夜を楽しんでます。


↓こんな感じで、夜を駆けたくなる。


と、こんな感じで
深夜徘徊ガチ勢をしてるわけですが、


僕はもともと夜を出歩く人では
全くなかったんですよね…

精神的な居場所がなかった


僕の深夜徘徊は
高校生時代から
始まっています。


当時は、
受験勉強をガリガリにしてたり
親から殴られて、教師からも
嫌われてました。


ほとんどの人が就職する高校で
ひとり受験勉強にいそしむ僕は、
結構異物だったようです。


クラスでも浮いて、
学校にも家にも居場所がない。



かと言って、
お金もないから遊びにとかもムリ


貧乏すぎて参考書すら買えず、
図書館の本で受験勉強してたぐらい、
僕は貧乏でした。


それに家では
落ち着くこととか無理だった。


家にいてもネットが使えなかったり
家族がいると極度の緊張で、
身体の部長が出たり…


電話の呼出音の幻聴に
一々ビクビク怯えたり
してました。


特に受験勉強で夜通しやって
起きれなかったり


もしくは、前日に殴られてて
身体が筋肉痛&倦怠感でやられてたり
その時になるんです。


学校からの電話が。


てーてててててっ🎶
(トラウマ・ミッキーマウスマーチ)


その度にムカつくと言われ、
両親にボコボコに殴られてました。


で、次の日は
確実に体が不調で…


みたいな、
そんな生活の繰り返しだった。

深夜徘徊=仕事になった


そんな中、
誰もいない街をサイクリングして
落ち着くのが楽しみ
になってた。


夜の街は、
誰も僕を見ていないし
誰も僕を罵倒しないし
誰も僕を殴らない。



苦しい時代の僕にとっての、
唯一の安らぎの時間だった。


これは起業して
ストレスフリーになった今でも
癒しの時間になってる。


みんなが音楽を聴く、
美味しい食べ物をたべる、
温泉に行く。


と同じぐらい、
僕は深夜徘徊が必須です。


大学時代なんて、
「就職したら深夜徘徊とかできないのかぁ…」
とか考えてました。


昼間に出れるじゃんって
あなたは思うかもしれない。


でも僕はボッチだったから、
昼間に一人で出歩くことに
抵抗感がある。


それと東京とかになると、
人混みがすごくて酔っちゃう。


だから地元でも、東京でも
深夜の落ち着いたまちが大好き。


今は、自分でビジネスをして
労働というよりアイディアで稼いでるので、
深夜徘徊が仕事みたいになってきた。



ビジネスのアイディアを出すときも、
こうやってブログを書くときも、
夜の街を歩きながら考えたりしてます。


シンプルに会社員だと無理だし、
起業してよかったなと思います。


仕事場をスタバor深夜の街にできた理由


僕が今、会社員をやったら
深夜徘徊できないストレスで
うつ病になってしまうと思う。


だから、大学生時代に
就活から逃げてビジネスをして
よかったなと改めて思う。


僕の職場、というより仕事場は
スターバックスか深夜の街。



深夜徘徊で、
アイディアを出したり、
文章の構成を考えたり、
コンテンツを脳内で構築したり。


スタバで、
ブログに文字起こししたり、
メルマガ書いたり、
コンサルティングしたりしてる。


スタバのキャラメルマキアートが
超大好きなのでみんなもMacBook持って
作業しに行ってほしい。


しかも、パソコンがあれば
どこでも稼げてしまうからすごい。


スカイツリーに観光したいなぁって思ったら
近場のホテルを借りて仕事ができるし、


神戸のポートタワーを見ながら
おしゃれにブログを書きたいと思ったら
新幹線に乗って平日でもいけてしまう。


飽き性なので、
住む場所を固定したりとか、
会社に出社するとかはできない。


だからネットビジネスで起業して
自由なライフスタイルを得た。

僕の欲しかったのは、お金より自由だった


ネットビジネスを始める人って、
「お金が欲しい!」って人が大半だと思う。


でも、結果を出した今考えると、
僕が本当に欲しかったのは


「人間関係に悩まず、好きなだけ深夜徘徊できる、自由なライフスタイル」だった。


他にお金を使っても、
読書、自己投資、事業投資ぐらいで
あんまり消費しないなぁって気づいた。


自分が言葉として欲しいものと、
心から欲しているものって違う
んだなって。

あなたが副業したいホントの理由って何ですか?


あなたに問いたいのは、
「本当に稼ぎたい理由って何ですか?」
ということ。


例えば、
お金を稼ぎたい!って思ってても、


「お金を稼いでからモテたい」
「好きなだけ美味しい食べ物を食べたい」
「好きなだけ読書をしたい」
「会社の人間関係から解放されたい」

…などなど。


結構、稼ぎたいと思った
あなたの根源的な欲求があると思う。


これを言語化してほしい。
(もちろんコメントくれたら嬉しい)


副業やビジネスをして、何を得たいか?
を決めないと悲惨なことになる。


例えば、脱サラして自由にいきたいから
転売をしていますって人。


いざ転売を始めるとわかるんだけど、
マジで仕入れとお客さん対応で時間がない。


僕なんて情弱すぎて、
メルカリ転売で時給400円で頑張ってた。


他には、知識に投資をせずに
趣味の延長みたいなブログを3000記事書いて
1円も結果が出ない人もいる。



もしあなたが、
「深夜を自由に駆けるライフスタイル」
が欲しいならコンテンツビジネスがおすすめ


在庫・仕入れがなくて、
パソコン1台あれば誰でもできてしまう。


もちろん、
本質的な知識やスキルは必須だけど
学んでしまえば平日に深夜徘徊できる
ぐらいの自由は手に入ってしまう。


ちなみに、「自由を稼ぐ男」の中にも
コンテンツビジネスで稼ぐ方法を語ってる。


興味がある人だけは、
読んでみてほしい。

電子書籍が今なら無料です

ポチッとお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA